女性の仕事と経験

女性の仕事も、経験を重ねた人が重宝されます。オフィスワーク系の仕事でも、医療・福祉・教育系でも、販売・営業・サービス業でも、この傾向は変わりません。学校を卒業して新卒として就職すると新人研修が行われ、さまざなセクションに配属されることになります。そこで先輩から実務の指導を受けたり、自分で上役の仕事ぶりを観察して日常業務に反映させながら、少しずつ一人前の職業人として成長して行きます。同一の会社で勤務を続ければ年収も上がって行き、役職も附き後輩の指導に当たる機会も出てくるでしょう。
何らかの理由で転職のきっかけができても、経験者が優遇されることはどのような種類の職場でも同じです。人材を確保する場合、採用担当者は即戦力を要求しています。前職でどれだけの実務経験を積んだ人なのかを、採否の判断材料にします。実務経験の度合いによって、年収やポジションもおのずと決まって来るでしょう。
一方、求人誌などで未経験者OKと言う文言もよく目にします。販売やサービス業など短い期間で仕事の内容を把握できるものは、経験を必要としなくても早くコツを体得できる職種といえるでしょう。
女性の仕事も、一般に年齢を重ねると転職は難しくなってきます。経験者は即戦力という強みがあるので、応募の機会も多く採用側の期待も高いのですが、未経験分野への挑戦は早ければ早いほど成功の確率が高くなってきます。現代は、転職者に対して新人育成をする余裕がなくなって来ています。求職活動はそのことを肝に銘じて行なうべきでしょう。

女性の転職に特化した求人サイトもあります。
女性で、育児後の復職や職場環境などの悩みで仕事を探されている方は、一度調べてみてはいかかがでしょうか。
女性のための転職LABO

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*
*
Website