転職をするなら現役で

女性の仕事もさまざまありますが、学校を卒業し新卒社員として入社してから数年も経つと皆違った道へ進むことになります。寿退社して家庭に入る人、そのまま会社に留まりスキルアップを図る人、転職に新天地を見出す人。そして、転職組にも職場のマンネリ化から脱出しようと意気込んで臨む人から他の会社でキャリアアップを目指す人まで、多種多様です。
転職は、現在の会社に籍を置いて仕事をこなしながら進めるのが賢明なやり方です。在職中の応募と退職してブランクを作ってしまった場合とを比べると、企業の採用担当者は在職中の応募者の方に良い印象を持つのが一般的な傾向です。面接時間も、会社帰りや有給休暇を使用して臨み強気に出ることで有利に進めることができますし、在職中と失業中では本人の精神的負担が違います。あえて退路を断ってと言うやり方もありますが、ブランクも長期化するとモチベーションに影響するでしょうし、採用側からもその点は突かれやすいところです。
転職を決めたらなるべく多くの企業に応募書類を送付して、書類選考通過をたくさん獲得して面接の機会を増やすようにしましょう。いたずらに時間を長引かせるのは賢明なやり方とは言えません。
景気も回復傾向にあり、有効求人倍率も多少上昇してきているようです。女性の仕事も、オフィスワーク・営業・サービス・医療・福祉と多様になっています。新天地への合格獲得を目指して頑張りましょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*
*
Website