女性にとっての転職

最近では、女性が結婚・出産しても仕事を続ける人が増えてきました。と同時に、企業側もこのような人材を受け入れる環境に近づきつつある方向に向かってきております。
しかしながら、現実はまだそれほど女性にとって有意義に事が運ぶ用ではないようです。そこには、やはり女性と企業との間に各々の考え方の違いがあるようです。女性にとって転職とは、ただ単にスキルアップを目指すということだけではなく、辞めざるを得ない事情により離職ということも少なくありません。
一度会社を辞めると、このごろでは中々自分の希望に合った職は見つかりません。正社員の道が先細り、仕方なくパート・派遣社員といった道を選びざるを得ない状態になってくるようになります。会社にとっても、必要な時期に必要な時間だけ働いてくれればよしとする風潮にあります。
しかし、女性には子育てがありますので、それに時間を取られると業務に支障をきたすといった考え方も未だにかなりの広範囲に蔓延しております。これが壁となって、中々女性の採用にまで進めないという状況を創り上げてしまうのです。
女性にとってはせっかくの転職、自分の希望にそぐわない職探しでモチベーションも下がってしまいます。更に年がいけば男性以上に就職の幅は狭まっていきます。自分の年齢に沿った活動をしないと、なかなか良い結果は生まれません。年齢制限は、企業にとってあくまで希望の条件です。必ずしもだめとは限らないようです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*
*
Website